茂原市における葬儀のありかた

subpage1

千葉県茂原市は、房総半島のなかでも南東部に位置しており、この地域のなかでは総合病院などを抱える中心的な都市となっています。

本当の茂原の葬儀の価値ある情報を探してみてください。

市内は海に近いところは平地が多く、西側には山林地帯が広がっていて、自然と居住のバランスがとれたエリアでもあります。


茂原市で行われる葬儀としては、オーソドックスなものが多く、初日を通夜として、次の日か、別の適当な日を告別式として、菩提寺から住職を招き、読経による供養をしてもらうのが通例となっています。

葬儀への参列は、家族、親戚に加えて、地域の人々、会社の人々など幅広いことから、亡くなった人が一般の人であったとしても、かなり大規模なものになることがあります。

基本も充実した2ちゃんねる情報は信頼性が高く、好評です。

そのため、茂原市内でも国道沿いに多い民間の葬祭ホールなどの広い場所が会場として選ばれることが多くなっていますが、もちろん、亡くなった人の自宅において執り行われるケースもあります。

茂原市に独特な習慣としては、亡くなった人が米寿を迎えるなど、長生きして天寿をまっとうした場合に、その長寿にあやかるため、葬儀において参列者に五円玉が配られたり、または紅白の餅が配られたりすることが挙げられます。



これはどちらかといえばお祝いの儀式に近いものですが、昔から人々の大きな願望であった長寿を実現した人として、ことに地域からも大切にされ、あの世への旅路をねぎらいつつ、積極的に地域総出で送り出す意図が含まれており、かなり特徴的なものです。